【NEEWER】LED Photography Light「NL480」レビュー|初心者にも◎

今回はNEEWERのLED Photography Light、NL480を紹介します。

NEEWER 多くのライトを展開されているNEEWERですが、今回取り上げるのはその中でも動画写真撮影に使えるこちらの商品となります。

最初に結論

最初に結論からお伝えしますと、寒色・暖色の2種類のみで良ければコスパの良いライトとなります。

ただし、全てにおいて大満足かというとそうではありません。

ミンガ

そもそも、なぜ私が本商品に興味を持ったのかというと、平日は別の仕事をしている兼業YouTuberだからです。

「撮影は自然光のある土日の日中だけ」という時間的な制限はストレスでした。それが、本商品により夜でも撮影できるようになったので、そのストレスから解放されました!

以後、本商品の基本スペックや使い方、使って感じたメリット・デメリットを紹介します。

撮影用のライトを購入検討されている人は、参考にしていただけましたら幸いです。

尚、私自身はライティングの知識はありません。そのため、本商品のポテンシャルを発揮しきれていない可能性があります。照明のど素人でもこれくらいは綺麗に撮影できるライトだと感じてもらえたら嬉しいです。

NEEWERのLED Photography Light、NL480:基本スペック

まず最初に本商品の基本スペックと使い方を紹介します。

白色LEDと暖色のLEDがそれぞれ240個ずつ配列され、色温度は3200~5600K(ケルビン)となっています。

そのため暖色・寒色の2種類においては不満を感じることはないでしょう。

光量は3360ルーメンまで対応とのことで、個人的には十分と感じました。。

光を和らげるディフューザーが付属、ライトのサイズは:縦約27cm・横約25cm・奥行き約4cm、 スタンドのサイズは:折りたたみ時約70cm・展開時は最大190cmの無段階調整となります。

アダプターで使えるのはもちろん、電源がない場所でも使えるようにバッテリー駆動も可能です。

ただし、そのバッテリーは付属されていません。電源が確保できない屋外撮影を前提と考えている人は、別途購入する必要があります

バッテリーは含みませんが、ライトとスタンドが2本セットになって2万円ほどですのでコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。

NEEWERのLED Photography Light、NL480:メリット

それでは、次に使って感じた本商品のメリットを紹介します。

メリット1:中夜問わず撮影できる

冒頭でもお伝えしましたが、最大のメリットは昼夜問わず撮影ができるようになる点でしょう。

自然光を使った撮影の場合、俯瞰撮影をしていても手元の影はあまり気になりません。

ですが、夜間に家の照明だけで撮影しようとすると、ほぼ真上からのライティングになるため画像のように影がとても気になります。

これだと見ている人も撮影している私も、手元の商品に集中できません(><;)

それが、本商品を使うことで夜間であっても手元の影を弱くできるのです!

ライトを直接当ててしまうと影ができるので、私の場合は画像のようにライトを天井に向け間接的に手元を明るくしています。

一本でも十分に明るいですが、やはり2本あったほうが左右均等に明るくできるためより良くなると思います。

メリット2:自然光にもライティングは有効

尚、日中の自然光であってもライティングは有効です。

均等に光が差す環境を作るというのも難しいため、目立ちはしないものの日中でも左画像のように影はできるものです。

それを逆側から照明を加えることで、右画像のように影が弱くなります

このように、日中であったとしても効力を発揮できる点も嬉しいポイントでした。

メリット3:動画・写真どちらにも有効

ちなみに、動画だけではなく、写真でも本商品は有効です。

フリマアプリの出品やテーブルフォトでも使える商品です。

ここまで手元の影を消すこと前提で話してましたが、敢えて影を作ることで印象的なテーブルフォト撮影もできます。

影の位置を自由に変えられるという点でも、本商品は効力を発揮するでしょう。

また、光を拡散させるためのソフトボックスがなくても物撮り程度なら問題ないと思いました。

NEEWERのLED Photography Light、NL480:デメリット

どんな商品も良い点ばかりとはならないもの、欠点を知った上でそれを許容できるかどうかが購入の決め手になったりすると思います。

ということで、実際に使ってみて感じた本商品のデメリットや、本商品の足りない点を紹介したいと思います。

デメリット1:寒色・暖色の2種類しか対応していな

第一に、冒頭でもお伝えしてますが、本商品は寒色・暖色の2種類しか対応していません。

そのため、上位機種にあるようなカラフルなライティングはできない商品となります。

私の場合、卓上の俯瞰撮影をメインに照明を探していたので不要な機能でしたが、人によっては注意が必要だと思います。

デメリット2:アプリ上でのコントロールはできない

第二に、アプリ上でのコントロールはできません

上位機種には本体を操作せずとも手元のスマホアプリでライティングを調整できる商品があります。

ある程度広い場所で撮影する際、遠隔で照明をコントロールできるようになるととても便利に感じると思います。

ただ、私の場合は卓上での俯瞰撮影がメインとなるため常に照明が近くにありアプリコントロールができなくても致命的ではないと感じたため、私は本商品にしました。

デメリット3:折りたたみ時のスタンドの足

第三に、折りたたみ時のスタンドの足について挙げたいと思います。

こちらのスタンド、展開時の足にはラバーコーティングが施されているので屋内で使っても床を傷つける心配がないのですが(画像左)、折りたたんで壁に立て掛けようとすると床の設置面がゴム加工されていないため床を傷つけないか心配になります(画像右)。

立てかけなければ良い話でもあるのですが、私の場合すぐに使えるように立てかけてしまっています。

私は床にフローリングマットを敷いているので良いですが、そうではない人は少し気にした方が良いかもしれません。

デメリット4:スタンドには持ち運び用バッグがない

第四に、ライトとアダプターには持ち運び用バッグが付属していて良いのですがスタンドにはありません。

車で運搬する人は気にならないと思いますが、公共交通機関を使った運搬の場合少し気になると思います。

持ち出さない人にとっては欠点でもなんでもないですが、外に持ち出しを考えている人はその点も考えておいた方が良いでしょう。

デメリット5:ライトの角度を調整するネジ

最後に、ライトの角度を調整するネジについてお伝えします。

左右のネジを締めることで角度を固定する仕様になっているのですが、ネジが少し心許ない印象です。

どちらか一方を緩めて角度調整するといった使い方になりがちですし、そうするとバランスの関係からか一方のネジが緩くてもとりあえず角度が固定できてしまいます。

撮影中は細かなライティングの角度もこだわりたいものです。

直近で困っているわけではないのですが、このネジの仕様が撮影中のちょっとしたストレスになりかねないかな?という不安はありました。

NEEWERのLED Photography Light、NL480:総括

ここまでの内容を総括します。

本商品は「アプリがない」「スタンドにバッグがない」など細かい不満点はあるものの、照明の専門知識がなくても簡単に扱えるライトとして、とても有用だと感じました。

それを証拠に、自然光の入る日中の土日しか撮影できなかった私が、平日の夜も動画撮影できるようになりました。

私のようなYouTuberさんも、そもそも多くないと思います。

ですが、例えばフリマアプリへの出品している人や、テーブルフォトを楽しんでいる人なども時間に関係なく撮影できるようになるというのは大きなメリットだと思います。

私自身、本商品を入手する前も小さなライトを試していたのですが、光量の問題から結局使わなくなり自然光に頼った撮影ばかりしていました。

それが、本商品のおかげで夜の撮影もできるようになったのです。

ミンガ

本商品よりも安いライトはありますが、それらはパワーもそこそこのものとなり皆様も私と同じように使わなくなってしまうかもしれません。

であれば、最初からNEEWERの本商品を買っておくべきです!正直、私も最初から本商品を買っておけばよかったなと思っています。

2本セットで2万円程度と、お値段もそこまで高くありません。

皆様も購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

2万円の価値あり!

▼関連記事

ロック機能あり!NEEWERアルカスイス互換クイックリリースプレートアダプターレビュー